品川保険事務所から

「静かに行く者は健やかに行く、健やかに行く者は遠くまで行く」

#ミッシングワーカー

 

スポンサーリンク

 

「介護離職」は普段からよく話題にしていますが、NHKスペシャルの影響で「#ミッシングワーカー」というハッシュタグが目立ちます。

新しい言葉が広がることで、介護離職周辺の問題が注目を浴びるのはよいことです。

 

今、働き盛りのはずの40代・50代に異変が起きている。長期間、働けずにいる労働者が急増しているのだ。彼らは求職活動をしていないため、雇用統計の「失業者」に反映されず、労働市場から“消えた”状態だ。こうした人は先進各国でも増加し、欧米の社会学者は「ミッシング・ワーカー」として問題視している。

 

中高年になると病気や親の介護など、様々なことから転職につまずき、その結果、労働市場から排除された状態が長く続き、「ミッシング・ワーカー」となってしまうのだ。

 

www6.nhk.or.jp

 

 

個人にとっても、社会にとっても、国家にとっても、企業にとっても、「介護離職」はかなりの大問題のはずなのですが、今のところある程度は貯金や保険で備えるしかないようです。

関連書籍も相当な数が出版されています。以下はその一部です。

 

介護離職しない、させない

介護離職しない、させない

 
その介護離職、おまちなさい (潮新書)

その介護離職、おまちなさい (潮新書)

 
仕事を辞めなくても大丈夫! 介護と仕事をじょうずに両立させる本

仕事を辞めなくても大丈夫! 介護と仕事をじょうずに両立させる本

 
親の介護で自滅しない選択

親の介護で自滅しない選択