品川保険事務所から

桶川市の品川保険事務所から

がん患者とその家族

 

スポンサーリンク

 

はてなブログの中には、身辺雑記的なものや批評、時評的なものがあります。

中にはご病気になられた方のご家族の声も、かなり生々しい形で記録されています。

そのような記録には、未整理で混乱した、わかりにくい記録もありますが、今回ご紹介するブログ「はてこはときどき外に出る」の「癌患者の家族を支えるもの」は、要点が整理された読み応えのある記事でした。一読をお勧めします。

 

kutabirehateko.hateblo.jp

 

ご本人ではなく、看護をする側のご家族のために何が出来るのか、具体的に何をすれば喜ばれるのか、ご家族にとって何が支えになるのか、といったことを知るのにたいへん有益な記事です。

 

「自分も同じ気持ちだ、よくわかる」といわれるより「自分にはわからないけれど」と言われる方がわたしには安心できた。

看護に疲れている人は解けない問題を前に悩んでいるのではないと思う。ただただ疲れていて、元気だったら平気なことやさっさとリカバリー出来ることが出来なくなっているのだ。

 

といった部分など、看護をご経験された方ならではの重みのある言葉です。

最後に一冊の本が紹介されています。

 

癌治療に関してバランスがとれていると感じた本を一冊だけ紹介したいと思います。著者は免疫療法を研究するお医者様で、御尊父と奥様を癌で亡くされています。医療従事者として、また癌に罹患した方の家族として、わかりやすく配慮のある一冊でした。

わたしがいうのもなんだけど、みんな元気で癌に縁がない間に読んでおくといいと思うわ。そして何の因果か病を得てしまったときは自棄にならないで日常をだいじにしていこう。お互いに。

 

がんを告知されたら読む本―専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん

がんを告知されたら読む本―専門医が、がん患者にこれだけは言っておきたい“がん"の話

 

 

私もぜひ、今のうちに読んでおきたいと思いました。

広告を非表示にする